Skip to content

SCOOCAR ETE-R
0→60km/hを2秒35!!

2011年3月10日

いよいよ、各社リチウムバッテリー開発がひと段落したところで後だしジャンケンの如く、現在最高スペック?のリチウムバッテリー搭載のSCOOCAR-ETE・Rの開発に着手します!!目標は、現在の車重280kgを、リチウムバッテリーとボディカーボン化などで、187kgまで軽量化。

更に、現在、満充電で約50km走行できるエコモードのCPUセッティングを、スポーツモードの約25kmまで半減させ、パワー重視にします。計算上は、軽いボディとインホイールモーター特有の瞬間トルクで、大型バイク並みの初速が得られ、原付ミニカーの法定最高速度である60km/hまでのタイムは、フェラーリ、ポルシェ、GTRなどのスーパーカー以上になります。結果的に、コーナリングスピードは、これも、インホイールモーターEV特有のバッテリー・センター低重心効果でスーパーカー以上に速いので、コンセプト通り港区内(制限速度50km/h?)では世界最速のスポーツカーとなります。