Skip to content

Emission Trading EV (排出量取引電子自動車)

一人乗り電子自動車「SCOOCAR」のフラッグシップモデル「SCOOCAR-ETE」は、フェラーリ、ポルシェ、アストンマーチン、マセラッティ、ランボルギーニなどのエクスクルーシブカーオーナーのガレージの愛車の横に置き、日常の足代わりとして愛車とのエミッション トレーディング(排出量取引)をしていただくための「オープンEV」です。サーキットなどでのオーナーズクラブミーティングなどでも注目度ナンバーワンです。(500馬力級のスーパーカーオーナー限定のオーダーメイド受注生産で約300万円)


写真は試作車で市販のスクーターパーツなどでカスタマイズしたものです。内装(オールレザー)製作協力:株式会社イズミー


超都心「港区」コンセプト・新時代のセレブカー

ブティックEVメーカー「SCOOCAR」のガレージがある「六本木」をベースに、前記のエクスクルーシブカーが一番多い超都心「港区」内のヒルズ坂、ミッドタウンコーナー、芝公園ストレートなどでのテストを繰返し、「エコカー」としての魅力以上に「走る悦び」を追求し「超都心スペシャル」に仕上げました。一般道制限最高速度が60km/hの港区内では、EV特有の「静か」というより「微振動のない」心地よい加速、インホイールモーター、低重心&センターバッテリー効果によるオン・ザ・レールなコーナリングなど、愛車のエクスクルーシブカーにも負けない一台です?当然、環境対応、渋滞回避、駐車スペースなどの面では、エクスクルーシブカーより優れています。

また、走行性能は勿論、再開発された高層ビル街と、都心とは思えない自然の木々の中でも「オープンEV」として、ドライビングウェアなどのオシャレも楽しめ、羨望の的の中で極上のひと時が過ごせます。
「SCOOCAR-ETE」は、ジョージクルーニーなどのハリウッドスターが火を付けた新時代のセレブカー「シリコンバレーEV」に対する、ブティックEVメーカー「メイド・イン・六本木版」として、今一番、小粋で
オシャレでエコな「オーダーメイドの一台」です。(写真の試作車での試乗を六本木ガレージで受付中)